読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かにのみそしる。

なんかてきとうにかくよ

【日記】お気に入り防具&ハンマーについてまとめる。

8月も中盤になりましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか。お盆休みが終わったりそうでなかったり、そもそも休みが無かったりする方などいらっしゃるのでしょう。割とどうでもいいけど。

 

 

 

さてさてブログではお久しぶりのみりあです。かれこれ1億年ぶりのブログ更新となります。嘘です。

 

 

今回はMHXでの武器や防具について個人的にまとめていきたいと思います。Twitterを眺めている限りでは、大体の人がもう既に他のゲームなどをやったりしているようです。私自身もゼルダカービィ、最近ではカルドセプトなどをやっていたり。なので、自分の中で一区切りをつけるという意味で、今回ブログを書こうかなと思った次第です。

 

 

 

前置きが長くなりましたが、それではやっていきましょう。

 

 

 

 

 

防具紹介

f:id:miliaXylem:20160816211023j:plain

頭:グリードRヘルム

胴:グリードメイル

腕:グリードRアーム

腰:ディノSフォールド

脚:フィリアRグリーヴ

 

防御力:637(爪護符込みだと防御力:667)

火:-5 水:-7 雷:-14 氷:-4 龍:-11

 

スキル構成

 ブシドースタイル(ソロ)時:

  斬れ味レベル+2納刀術集中

   狩技:絶対回避 or スピニングメテオⅢ

 ストライカースタイル(PT)時:

  斬れ味レベル+2納刀術回避性能+1

   狩技:大挑発Ⅲ絶対回避スピニングメテオⅢ

 

 

 

こんな感じになっております。以前、防具変遷記にて自身の装備について紹介させていただきましたが、あれから色々巡り巡ってこうなりました。スタイルによってスキルを補える(ブシドーなら回避性能ストライカーなら集中)ので、それを活かしてスキルを組んでみました。納刀術は個人的に気に入っているスキルで、素早く納刀することで粉塵によるサポートや緊急回避がしやすくなったりしています。というか快適すぎてコレ無しでは生きていけない身体になってしまった。ちなみに、斬れ味レベル+2防具のスキルポイントだけで発動しているので、空いたスロット8個とお守りで様々なスキルを付けられます。汎用性高い。

 

 

 

 

 

武器紹介

※武器画像は斬れ味レベル+2を付けた状態のものです。解説もそれ前提で進めます。

 

無属性

叛逆の激鎚/叛逆鎚カダルレギオン

f:id:miliaXylem:20160816214647j:plain

今作における「迷ったらとりあえずコレ作っとけ」枠。平均的な性能にスロット2つ、更に素白で回避行動による斬れ味自動回復能力持ちという優秀な武器。ナルガ武器を殺した張本人。作成難度もさほど難しくはないので積極的にオススメしていきたい。白ゲージが少し短めなので、業物などでカバーすると高火力を維持して戦いやすくなる。

 

マトラカアルグル/叛鎚アルグル

f:id:miliaXylem:20160816215623j:plain

セルレ槌を獰猛化素材を使わずに強化することで完成する派生形態。ご存知の方がどれくらいいるだろうか。カダルレギオンと比較すると、こちらのほうが攻撃力が10高いがそれ以外では大体負けている。しかし、斬れ味レベル+2を付けることによってかなりの白ゲージの長さを持つ武器へと変貌する。セルレ武器特有の斬れ味自動回復能力も相まって驚異の戦闘持続能力を誇るため、闘技場などでの大連続狩猟では斬れ味をほぼ落とさずに戦える。

 

ストライプストライク/轟槌【虎丸】

f:id:miliaXylem:20160816220944j:plain

高い攻撃力を持つ無属性素白ハンマー。スロットを1つもっているため、黒炎王や荒鉤爪などの二つ名装備にスキルを付けやすくなるため相性が良い。カダルレギオンとどちらを使うかは各々の判断におまかせします。

 

火属性

灼炎のイシャター/斬竜鎚ウルガ

f:id:miliaXylem:20160816221842j:plain

斬竜ディノバルドの素材を使ったゆえか、高めの攻撃力と斬れ味を誇る火属性ハンマー。同じ火属性のレウス槌と比較すると、こちらは攻撃力と斬れ味で勝るが、あちらのほうが属性値が高くスロットが多い。どちらを選ぶかはお好みだが、個人的にはハンマーにとって属性値はさほど気にするようなものではないため、斬れ味の良いこちらを選択する。

 

グロードビート/黒炎砕アイテール

f:id:miliaXylem:20160816222820j:plain

二つ名モンスター『黒炎王リオレウス』の素材を用いて作成する武器。平均的な性能と高めの斬れ味に加えて、狩技ゲージが溜まりやすくなるという特殊性能を持つ。狩技を積極的に使う人向け。同じく狩技ゲージが溜まりやすいストライカースタイルとも相性が良い。

 

水属性

狐鎚ツキヲイザナイ/おきつなみ撓鎚の華石

f:id:miliaXylem:20160816223755j:plain

全体的に高水準な性能を持つタマミツネ素材を用いたハンマー。これ1本あれば他の水属性ハンマーは特に必要ないが、強化に泡狐竜の爪/尖爪をそこそこ要求されるため作成難度はちょっと高め。

 

ウィルガシェルプレス/黒甲ウィルガリベル

f:id:miliaXylem:20160816224520j:plain

二つ名モンスター『矛砕ダイミョウザザミ』の素材を用いて作成する水属性ハンマー。平均的な性能に加えて防御力が+10上がり、狩技ゲージが溜まりやすい武器。白ゲージがさほど長くはないが、安定した性能を持つ。

 

雷属性

エムロードビート/電竜砕カクルハ

f:id:miliaXylem:20160816225134j:plain

かなりの斬れ味の良さを誇るライゼクスの素材を用いたハンマー。今作ではフルフル・ジンオウガ・ラギアクルスと対抗馬が多い雷属性ハンマーだが、正直コレ1本あればどうにでもなる。作成難度も他の四天王と比べれば低めなので、初盤から頼りになるハンマーの1つ。

 

鬼神鎚/鬼神鎚【金鬼】

f:id:miliaXylem:20160816230429j:plain

平均的な性能とスロット1つを持った雷属性素白ハンマー。ラージャンの素材を必要とするため作成難度はそれなりに高いが、ティガ鎚同様二つ名装備との相性が良いため持っておいて損はない。

 

金狼鎚カミナリ/金狼牙鎚【大雷】

f:id:miliaXylem:20160816230914j:plain

二つ名モンスター『金雷公ジンオウガ』の素材を用いて作成するハンマー。性能としては雷属性版アイテールのような感じなので、同様の使用方法で構わない。

 

氷属性

フローズンコア/コキュートス

f:id:miliaXylem:20160816231409j:plain

初盤から作成可能な氷属性ハンマー。性能も十分すぎるため氷属性ハンマーはこれ1本でも特に問題は無い。というかこれのせいでガムート槌を作る理由も気力も無くなった。

 

鋼氷棍/コロサル=ダオラ

f:id:miliaXylem:20160816232157j:plain

基本性能はさほど高くはないが、長い白ゲージを持つため戦闘持続能力に優れたハンマー。スロットも2つあるためスキルによる補助をしやすい。でも多分コキュートスで事足りると思います。

 

龍属性

業鎚ダグザ/滅鎚プラド

f:id:miliaXylem:20160816232721j:plain

白ゲージが長い龍属性ハンマー。スロットを2つ持つため汎用性はそこそこあるが、獰猛ジョーの素材を必要とするため作成難度は高い。正直無理して作る必要はないと思います。

 

煌黒の堅鎚/煌黒堅鎚アルメタ

f:id:miliaXylem:20160816233415j:plain

属性値が高くスロット2つ持ち、なおかつ素白という高性能な龍属性ハンマー。ぶっちゃけ最強枠。作成難度はもちろん高いが、それに見合っただけの力を持っている。汎用性も高いためぜひとも作っておきたい。

 

極星鎚ヴァダリエ/幽愁ナル鎚星ダリエ

f:id:miliaXylem:20160816234455j:plain

今作における「かなしみ背負ってる」枠。やたら長い青ゲージやスロット2つ、攻撃力も十分なのだが「これ作るくらいならアルメタ作ったほうがよくね?」となってしまう深い闇を抱えたハンマー。使いどころを見出すのであれば、闘技場などで2体同時に相手するときに研ぐ心配をせずに戦えるという点か。でもそれアルメタでよくね?

 

爆破属性

ディオステイル/爆鎚ズーニーテイル

f:id:miliaXylem:20160816235537j:plain

ブラキ武器を獰猛素材を使用せずに強化すると完成する派生形態。ノヴァジオと比較すると属性値とスロット数で劣るが、攻撃力と斬れ味で勝っている。これもどちらを選ぶかはお好みで。

 

爆焔のイシャター/燼滅鎚ウルガ

f:id:miliaXylem:20160817000051j:plain

最強枠その2。高い攻撃力と爆破属性、素白かつ狩技ゲージ上昇効果付きというハイスペックすぎるハンマー。白ゲージが短いため業物などで補助すると更に凶悪になる。作成難度はかなり高いので、作りたいのであれば根気よく行くべし。

 

 

 

 

 

随分と長い文章になってしまったけれど、それだけ頑張ったということでよろしくお願いします。私だってこんな長ったらしく書くつもりなんてなかったよ!

 

今作ではハンマー一筋で突き詰めていくというコンセプトのもと進めてきましたが、割と楽しくやれたのではないでしょうか。4Gでは極限化モンスターと相性最悪だったためハンマー投げ捨てて大剣担いでましたが、今回は自分の好きな武器で貫き通せたので満足しております。いぇい。

 

それではこのあたりで締めさせていただきます。長々と読んで頂きどうもありがとうございました。

 

 

 

 

 

明日は明日の風が吹く

かにのみそしる。かみのみぞしる。