読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かにのみそしる。

なんかてきとうにかくよ

【日記】がんばれついったーな話。

今年初のブログとなります。Twitterの方では挨拶しておりますが一応こちらでもしておきましょう。あけましておめでとうございます。というかあけすぎです。あけすぎておめでとうございます。

 

 

 

さて本題。ちょろっとTwitterでも触れていましたが、最近のTwitterの公式クライアントに表示される広告についてのお話です。コイツがホントになかなかになかなかなことをしていまして、ゲームやら企業やらの広告ならまだ許していたのですが、一昨日辺りにエロ系広告がジェットストリームアタックをかましてきてついにブチ切れた次第です。

 

で、「もうこんなもん使ってらんねぇ!別のクライアントに移らせてもらう!」と、怒りのままに他のクライアントを調べ、使いやすそうなのを探索。そして、「Tweetbot」と「Janetter」の2つを導入してみました。

 

最初に「Janetter」の無料版を導入したのですが、アカウントの切り替えがスワイプ操作でできるのでとても便利。TLの閲覧性がかなり高く、私のような基本ROM専の人間にはもってこいのシロモノでした。コレだったらお金突っ込んでいいなと有料版を購入。さよなら広告。君のことは3秒で忘れたよ。

 

しかしコイツにも欠点が。なんと通知機能には対応していないのですよ。/(^o^)\ナンテコッタイ。さーてどうしようかなーと再びいろいろ探り始め、たどり着いたのが「Tweetbot」でした。

 

元々新しいクライアントに乗り換えるならこの「Tweetbot」が第1候補だったのですが、他にもなんかないかなーと思って見つけたのがさっきの「Janetter」。しかしコレには通知機能がなく、こっちの「Tweetbot」には通知機能がついている。じゃあこっちも買っちまえ!とそのまま購入。合わせて1,800円也。

 

かくして、2つの有料クライアントを導入した私は、閲覧の「Janetter」、コミュニケーションの「Tweetbot」という使い分けをしながらツイッターライフを楽しんでおります。ちなみに「Janetter」はPC版もありまして、コイツも試しに導入してみたらベリーベリー使いやすい。おすすめです。

 

ここまで他のクライアントすげー!みたいな話ばかりでしたが、公式クライアントも使いづらいわけじゃないんです。ただ最近の無駄な機能の突っ込み過ぎや、先にも述べた広告のウザったさがあまりにもひどい。そこまでするんならプレミアムユーザー的な有料版を導入してもいいんじゃないかなーとホントに思う。Twitterという空間は割と気に入っているので、頑張って残してもらいたいのです。おかげで色々な人と交流することができたのだから。

 

 

 

それでは、今回はここまで。

 

明日は明日の風が吹く

かにのみそしる。かみのみぞしる。